制作中のアクションゲーム『アイアンデッド』の進捗

LINEで送る
Pocket

 

ここまで作りました

gif

 

RPGツクールMVで作り始めたアクションゲームだけど、紆余曲折ありUnityで制作中。
UnityにはPlaymakerという便利なアセットがあり、これを使うと状態遷移がさっきのgifのように分かりやすく可視化される。

これは、コライダー(当たり判定)にプレイヤーが侵入すると敵が追いかけてきて、コライダーから出ると追跡をやめる処理。
マウス1つで簡単に当たり判定を作成し、形状や範囲を調整できるのはツクールには無いメリットっすね。

と言いつつ、追跡をやめる処理は現在は消してる。
お試しで実装してみたものの、すぐに追いかけるのをやめて棒立ちする敵もつまらないから。

スニークアクションを主体とするゲームなら別にいいんだけど、今回は自分好みの銃を手に、敵を倒し突き進んでいくゲーム性を打ち出すつもりなので。
愚直に、命知らずに追いかけ回してくれるほうが面白いからね。

 

もちろん、単純に最短経路を追いかけ回すだけでは芸がないし、敵の数が増えると一箇所に密集するように追いかけてしまって見栄えも悪いので、追跡パターンを複数用意するつもり。
しばらく立ち止まって吠えたり、散開しながらプレイヤーを追いかけたり。

 

基本的なシステムの実装は徐々に完成にこぎつけていて、少しずつではあるけどバリエーションを増やしたり、ゲーム性を追求する段階へ入りつつあります。
2018年度の公開を目指して鋭意製作中なので、応援よろしくおねがいします。

LINEで送る
Pocket