LINEで送る
Pocket

やあ諸君。モノノフのシオンだよ。楽しく鬼退治しているかな?

鬼千切・極が削除されたせいで、全破壊がなかなかできません……。

確かに、今回は難しいかもしれないな。俺も大量に残したまま終わることが多い。

が、つい先ほど、テキトーに遊んでいたら凄まじい勢いで共闘ゲージが溜まったので、その構成を皆に教えようと思う。ガンガン使ってガンガン千切ろうぜ。

記事タイトルによると20秒で溜まるそうだけど、さすがにそれは盛った数字じゃないの?

そんなことはないぞ。証拠の動画を取ったのでご覧あれ。

共闘ゲージにご注目。最初に鬼葬を発動してから、ほぼ20秒でフルチャージしている。

ほんとだ。しゅごい。でも、弱い敵をいたぶっただけじゃないの?

ゴズコンゴウは後半にしか出てこないし、エリアも雅なのでほぼ最奥だぞ。それに、進行度11のマルチ任務でも問題なく再現できた。さすがにここまで行くと武器のステータスも影響するけどな。

なるほど。それじゃ、さっそく教えてもらおうかな。

おすすめのミタマスキル構成

重要なのは、仁愛と残影だ。後はテキトーでいい。

残影? そんなスキル載ってないけど。

それは迅のアラタマフリ(R1+R2で発動するハイリスクなタマフリ)だ。よって、3つ目のミタマは迅で固定となる。

ちなみに残影は、発動中に分身が出現し、自分と同じ動きで追撃するというもの。1回の攻撃が2回分としてカウントされるので、正直これだけでもアホみたいに強い。

体験版の時点でもヤバイって言われてたっけ。これのことか。

ただ、残影はクールタイムが長く、そう乱発できるものではない。そこで、残影のクールタイムを短縮するか、もしくは効果時間を延長する必要が出てくる。

そこで効果を発揮するのが、源義家の「韋駄天強化・加速」だ。迅の□のタマフリである韋駄天(スタミナ回復と移動速度が上がる)を発動すると、それだけで全タマフリのクールタイム時間が短縮される。アラタマフリも例外ではない。

仁愛ってのは、極の頃でも活躍したスキルで、共闘ゲージ増加量が増すシンプルなもの。3段階まで強化するとなかなか強い。これも必須だ。

使用法は簡単。溜めたいタイミングで残影を発動し、攻撃を畳みかけるのみ。これだけである。あとは仁愛の効果で、ゲージが面白いように溜まっていく。

もちろん、これだけでは毎回20秒が安定するわけではない。お好みで科戸ノ風(迅の◯タマフリ。攻撃速度が上がりスタミナ消費が減る)を発動したり、クールタイムを韋駄天で減少させたり、空蝉(迅の△のタマフリ。攻撃を1度だけ無効化する)で攻撃ラッシュの安定度を増すなど、いろいろな工夫が考えられるだろう。

あとのスキルは直接は関係しないおまけ構成なのだが、一応説明しておこう。

今回は、リーチと手数に優れた仕込み鞭の◯連打ラッシュを使っている。複数部位に当てやすいため、ダウンした敵の足元などで発動すると凄まじい勢いで溜まっていく。だが、実際試すと分かるが、このラッシュ攻撃は非常にスタミナの消費が激しい。そのため、会心攻撃でスタミナを回復するスキルを載せている。

具体的には、源義家の三枚通しの剛弓だ。会心の発生でスタミナが回復する。その他、韋駄天強化・一閃により、韋駄天の最中は会心が発生しやすくなる。これにより、攻撃中にスタミナが回復し続けるため、無限とは言わずともかなり長引かせることができる。

直江兼続の直江状は、タマフリの使用で共闘ゲージが増加するスキルだ。動画を見れば分かるように、各種タマフリを発動することで共闘ゲージが溜まっていることが分かる。アラタマフリ・ニギタマフリも対象になるようだ。別にこのスキルを目当てに構成したわけではないのだが、仁愛を持つミタマはそう多くないため、その中でベターなスキル構成を選んだ結果こうなった。鬼返強化・連携もその1つで、別にこのスキルに頼るつもりで入れたのではない。直江状に関しては、韋駄天を乱用する関係上、恩恵が無いとは言わないが。

小野小町に関しては、完全にテキトーだ。手頃な迅のミタマを使っただけ。韋駄天頼りな戦術なので、迅であるなら正直誰でもいいんじゃないかな。

一応、小野小町は空蝉強化・二段(1回の空蝉で2回防げる)を持っているから、被弾が多めになる人にはありがたいよね。

ああ。でも、討鬼伝2の敵は、以前と比べるとそこまで鬼畜な攻撃をしてこない上に味方が鬼返でバンバン転ばせるので、迅太刀が猛威を振るった極に比べると、空蝉二段の恩恵は少なくなったと思う。

そこで、空蝉二段が過剰だという殊勝なモノノフたちのために、もう少し攻撃寄りな構成を考えてみた。それがこちら。

討鬼伝2_20160801185343

変わったのは小野小町だけかな?

その他、源義家の韋駄天強化・加速が、韋駄天強化・破壊延(鬼を倒すか部位破壊で韋駄天を延長)に入れ替わっている。今回は小型との乱戦も多いので、意識するのは難しくともお世話になる展開は意外と多いぞ。

なんで源義家の韋駄天強化・加速を外したの?

木曽義仲も持っているからだ。韋駄天強化・加速は重複無効だからな。重複するならめっちゃ強かったんだが……。

さて、木曽義仲で大事なのは、英霊の激励だ。会心発生でタマフリのクールタイムを縮めるので、韋駄天や残影の回転率がさらに上がる。

しかもこのスキル、会心の威力によって減少時間を決めているようだ。鬼葬で会心が発生すると、残影のクールタイム時間が6~7割ほど縮まる時もある(武器の会心値によるが、70程度の場合)。

安定して狙えるものじゃないけど、運よく決まると残影の回転率が跳ね上がるね。韋駄天強化・一閃と組み合わせればさらに強いじゃん。

そういうこと。あまり安定した構成とは言えないが、その分上手くいく時が極端なので、作業する上でなかなか飽きが来ない。中毒性の高い構成だぞ。

つーわけで以上です。仕込み鞭以外にも、薙刀や双剣の◯攻撃も複数部位に当たるので、そちらでも多分うまくいくぞ。

特に、薙刀はそこまでスタミナを消費しない上に、アマテラスのスキルで更にスタミナを減らせるので、薙刀使いは木曽義仲や小野小町の代わりにアマテラスを入れてもいいかもしれない。

まだ全部のミタマを集めたわけじゃないので検証が足りないけど、参考になれば幸いです。

LINEで送る
Pocket