『オーバーウォッチ』 ミステリーデュエルの、キャラ別簡易攻略。


ミステリーデュエルの概要

ミステリーデュエルってのは、先日のアップデートで追加された、1 vs 1のタイマンバトルだ。ステージはエコーポイントで固定。キャラはシステム側で自動的に選ばれ、必ず同キャラ戦になる。

同キャラか。相性差による有利不利はつかないってことね。

そうだ。仲間もいないので、己の立ち回りとスキルが要求される、競技性の高いモードと言えるだろう。

私には難しそうだ……。

とはいえ、まだ始まったばかりで初心者も多いせいか、キャラ毎の立ち回りを把握していると十分に勝ちを狙えるぞ。そのうちガチな人しか残らなくなるだろうけど、今のうちにステージ構造も含めて覚えてしまおう。

キャラ別攻略指南

ゲンジ

すばしっこい上に的が小さいので、お互いに攻撃が当てにくい。エイム勝負というよりは、各技をどこで使うかがものを言う心理戦になる。

鍵となるのは風斬りと手裏剣(L2)。R2の手裏剣はまともに当たらないので、基本は扇状に攻撃するL2手裏剣をメインで使い、ジワジワと相手の体力を削っていこう。エコーポイントにはライフパックがないので、微量なダメージでも相手にプレッシャーを与える。

微量な被弾を繰り返し、相手がじれて木の葉返しを使ってきたら、風斬りの絶好のチャンス。相手はこちらの攻撃を跳ね返そうと照準を合わせているはずなので、普段より動きがニブりがち。相手を斬りつけて背後を取り、手負いで焦った相手にL2でトドメを刺してもいいし、背水の陣で攻めてきた相手を木の葉返しで迎撃してもいい。

ゲンジを使っているとどうしても上に登りたくなるが、あまりおすすめしない。上を取ったほうが有利なのはオーバーウォッチの基本とは言え、相手もゲンジなのでいつでものぼってこられる。結果、先に上に登ったほうが居場所を晒すことになり、リスクとリターンが釣り合わない。下層で物陰に隠れながら頭上に気を配り、万が一下で鉢合わせたら風斬りで不意打ちをかまそう。

マクリー

言うまでもなく、フラッシュバンを先に当てたほうの勝ちである。フラッシュバンからのファニングで即死させるコンボを安定させないと、仮に先に当てたところで同じ反撃を食らって負ける。練習場などで安定させておこう。

立ち回りだが、姿が見えてもあまり自分から近づかず、こちらへ来る相手をフラッシュバンで待ち構える戦いのほうが安定する。

ファラ

空中戦の撃ち合いはほぼ当たらないので、実質着地後の相手を爆風で狙うことになる。つまり、先に着地したほうが負ける。戦闘が始まっても迂闊に飛ばず、相手が見えてから飛ぶ。着地する際は壁となる障害物で防げることを、飛んでいるうちから確認する。上手く浮遊すれば着地時間は2秒ほどに抑えられるため、お互いに立ち回りが上手いファラだと戦闘が長引く。ぶっちゃけあまりやりたくないキャラである。

リーパー

純粋なダメージレースとなる。いかにして相手の背中から攻撃できるかを考えよう。多少離れていたとしても、先に背後から一撃を叩き込めばこちらの勝ちは確定する。レイスフォームで逃げても追いかければいいし、シャドウステップで逃げようとするなら硬直時間内に仕留めればいい。

シャドウステップはどうしても高所へ移動する手段として用いがちだが、リーバーが高所を取ってもメリットは少ない上に、死角が多いエコーポイントでは下手に使うと移動先で鉢合わせて即死する危険がある。敢えて相手に音を聞かせて混乱させたり、相手の位置が分かっている時に、下層の屋内から別の屋内へ見通しのいい場所を通らず移動するなど、使い方は慎重に。慣れないうちは封印してもいい。

トレーサー

リコールが生命線。出し惜しみして全回復を逃すのも駄目だし、焦ってちょっとの被弾で使うのもよろしくない。トレーサーは上下の移動手段に乏しいので、自分が上を取れば有利な戦いに持ち込める。ただ、見通しがよく相手にも居場所がバレやすいので、慢心は禁物。

ソルジャー76

ほぼCoDの立ち回り。FPSの基本講座を探したほうが手っ取り早いかもしれない。強いて言うならヘリックスロケットの存在。気づいていない相手への先制攻撃ができる状況なら必ず使う。撃ち合いの最中では、相手の動きを予想して先置きすることを意識しよう。

バイオテックフィールドは、自身の体力の回復はもちろんのこと、敢えて壁越しに見せて相手の気を引きつけ、裏から回って奇襲をしかける手段としても機能する。音が大きく居場所がバレやすいので、消えるまでずっとその場に留まるのはあまり得策とは言えない。
パッと出くわして撃ち合った際に、「このまま押せば勝てる」のか「このままでは撃ち負ける」のかを瞬時に判断し、後者なら一旦逃げて仕切り直すのが重要だ。限界まで傷を追ってから回復する状況は避けよう。

ソンブラ

透明になっていても、射撃やハックを使うと解けることを意識して、背後からハックでワープを封じてから撃ち合いを始めよう。やばくなったらこちらのハックで仕切り直す。体力の回復手段はないので、撃ち合いが苦手であっても奇襲をかけた回数で補える。

バスティオン

他のキャラとは違った立ち回りが求められる。というのも、バスティオンには自己修復があるので、たとえセントリーモードで深手を負わせても、一旦隠れて仕切り直すだけの余裕があるためである。

これを防ぐためには、相手が出くわした時に、仕切り直す余裕がない状況で待ち構えることが重要。出くわした時に接近戦になるほうが望ましい。相手が驚いて後退するなら偵察モードに切り替えて追いかければいいし、そのままセントリーモードに切り替えたところでこちらが撃ち勝つ。

待ち構える際は、常に背後に気をつけること。セントリーモード時は背中がHS判定になる。

ハンゾー

龍の目をいかに無駄遣いさせないかが大事。矢散五裂を相手の足元に当てると、ほぼ全弾が当たって大ダメージを与えられるので、上を取ったほうが有利だ。

ジャンクラット

トラップを仕掛けて屋内に篭り、もう片方の入り口を見張るといい。罠にかからなかったとしても、破壊された音で敵の位置が分かる。ただ、屋内にグレネードを放り込まれると不利なので、退路は把握しておくこと。

メイ

先手必勝。L2のつららで遠距離戦をしていても、隠れてクリオフリーズで全回復できるため、埒が明かない。リーパー同様、いかに相手の背後からブラスターの奇襲をしかけられるかどうかだ。大抵の相手はクリオフリーズで仕切り直し、解除されたらアイスウォールで敵と距離を置く。そのため、クリオフリーズを相手が使ったら、アイスウォールで距離を置けないぐらい密着し、解除後にジャンプで飛び越えるなどして相手を混乱させてまたブラスターを先当てしていこう。一度凍った場合、つららをヘッドショットしつつ近接格闘をすれば確実に倒すことができる。いずれにせよ、先に氷結をしかけたほうの勝ち。

トールビョーン

まだ戦っていないのでなんとも言えないが、アプデでアーマーが自動生成されるようになったことは覚えておくべきだ。タレットの強化は安全が確保できる時のみ行ない、それ以外はヘイト集めなどに活用しよう。

ウィドウメイカー

長期戦になりやすい。ヴェノムマインは壁に貼り付けても起爆するので、シンメトラのタレットのような運用も可能といえば可能。

D.Va

バスティオン同様、特殊な戦いを求められる。まず、メック同士の撃ち合いの際はディフェンス・マトリクスを使わない。メックの装填数は無限なので、リロードの隙を突くことができず、無駄に終わる。

まず、不意打ちができる場所に辛抱強く居座り、先に攻撃を当てていくのが大事。メックの足音は大きいので、音をよく聞いて待ち構えよう。ひとたび撃ち合いが始まれば、先に当てたほうが相手のメックを破壊できる。本体が搭乗しているガラスのコックピットがHS判定位置になるので、狙う際は意識すること。

無事破壊できても、油断は禁物。本体の銃は意外に火力が高いうえに、僅差で撃ち勝った場合はこちらのメックも破壊されてしまい、本体同士の撃ち合いにもつれこんだ挙句に先にメック召喚をされる恐れがある。これを防ぐ鍵となるのがディフェンス・マトリクス。本体が露呈したD.Vaは、ほとんどの場合焦って光線銃を撃ってくるので、マトリクスで無効化する。リロードの隙を撃てば深刻なダメージを与えられるほか、ブースターで轢くことで相手をかく乱させるのも有効。メック召喚のチャージは非常に早いため、一度見失うと再召喚されて戻ってくる。絶対に逃さないように。

ラインハルト

前方に突進するチャージを当てられるかどうかにかかっている。細い道で顔を出して相手に誘発させ、外したところに至近距離で安全に当てるのが有効。ちなみに、ラインハルトの攻撃はどれもが盾で防げないため、アースシャター読みでもない限りは盾を封印しよう。

ロードホッグ

フックコンボを当てたところで死ぬわけではないが、テイクアブリーザーで回復したところで間に合わないほどの不利な状況に追い込めるのは事実である。積極的に狙っていこう。フックを外した場合はほぼ間違いなく相手のフックが飛んでくるので、横ジャンプなどでかわすことを忘れずに。

テイクアブリーザーはUltゲージを大きく増加させるため、安全を確保できたならケチらずにどんどん使っていこう。チャージ時間もそこまで長くはない。

ウィンストン

戦術もへったくれもないクソゲーである。

ザリア

バリアは先に使ったほうが不利。出くわしたらまず相手がバリアを張ったことを確認しながら横跳びで攻撃をかわし続け、切れたらそのまま攻撃を当てていこう。相手が手負いになってきた辺りでバリアを張るといい。味方にバリアを張って盾にすることもできず、自身は機動力もないため、どこでバリアを使うかが勝負の分かれ目である。逃すとシールドが回復して仕切り直しになるので、押していると踏んだ時はしつこく追いかけよう。

アナ、ルシオ、マーシー、シンメトラ

まだ引いていないので分からない。

※ルシオとマーシーは出ないとのご指摘をいただきました。

ゼニヤッタ

足音がしないため、見つけた際にとりあえず不和のオーブをつけるのが大事。しばらくは壁越しでも相手の位置が分かるからだ。チャージショットは当たればほぼ即死だが、撃つまでに見つからなかった際に音を消してキャンセルすることができず、居場所を晒してしまうので控えたほうがいい。

大雑把だがまとめた。キャラによって得意・不得意があると思うが、ライフパックがないことを念頭にどうやって奇襲をかけるかに意識を向けると、勝ちが見えてくるぞ。

奥が深いね……


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)