『DmC Devil May Cry』が低評価で終わった理由を探る


DmC……ああ、あのスタイリッシュアクションの。海外のメーカーに委託したやつだよね?

そうだ。Ninja Theoryというメーカーだな。ヘブンリーソードを手がけたところだ。

ふーむ。DmCって、いろいろと荒れたゲームだよね。なんで今さらレビューなんてするの?

1つは、当ブログのメールフォームから、レビューのリクエストがあったから。次に、つい先月ほど、PS4・Xbox One向けにリマスターが出たからだ。時期的にはちょうどいいんじゃないかなって。

え? 不評だったのに、リマスターなんて出ていたの? ゲームショップに行っても売ってないような……。

ああ、日本では未発売だからな。入手法については後述する。とりあえず、ある意味問題作となったDmCの考察をしていこう。なお、作品を通してのレビューまでしてしまうと長くなるので、今回は考察に留めておく。

ふーん? シオンってさ、ちゃんとDmCは遊んだの?

遊んだぞ。ダンテ・マスト・ダイで投げたけど、それまでは何周も遊んだし、フレンドとスコアを競いあったりもした。

中途半端にやり込んだプレイヤーの考察ってことね。まあ、食わず嫌いで叩くだけの人よりマシって感じでご覧ください。

敵を増やす発言はおよしなさい。

そもそも、DmCは低評価なのか?

あのさあ、1つ気になることがあるんだけど……。DmCって、リマスター版が出てるんだよね? 不評なタイトルで、わざわざそんなことする?

俺も同じことを思った。Definitive Editionの発表があった時は、正直驚いたからな。カプコンの中では無かったことにしたいんだとばかり思っていたから。

それは少し言い過ぎでは……?

それがそうとも言い切れない……のだが、カプコン社内のいざこざまで取り扱うと話がまとまらなくなるので、これも割愛させてもらおう。

とりあえず、リマスター化されるからには、需要があるはずではないかと思うのが普通だ。FF13の3部作のリマスター化について、製作陣が「要望があれば応えます」とのコメントに対し、「要らねーよ」のブーイングの嵐だったりしたが、あのような状態では出すものも出せないわけだ。

まあ、FF13シリーズに関しては、どれだけブーイングがあろうと出してきそうな気もするけどね……。

さて、さっそく話がグダってきたので、先に進めよう。

別にいいけど……国内で一定の不満があったのは確かだよね。主に、顔がブサイクとのことで。

その他、従来シリーズからのストーリー設定の変化なども注目された。設定の矛盾についてはどう説明するのか、ってね。

dante_evolution__in_dmc_reboot___part_2__by_rehman_1999-d6gfovy
▲歴代ダンテと、DmCダンテとの比較。髪の長さ、髪の色など、別人レベルで大胆なイメージチェンジが図られていることが分かる。

まあ、銀髪に赤のコートで馴染みがある従来のファンにとっては、受け入れがたい外見だったのかもしれないな。俺は、ダサさとかっこよさを兼ね備えているやんちゃな主人公って感じがして、結構気に入っているのだが……。

シオンは、あまりシリーズに思い入れがある方ではないもんね。特にDMCシリーズって、美形なキャラがイケメンな戦い方をする華やかな部分で人気なところもあったから、その要素が大胆に変更されたっていうのは、批判もあって当然だったんじゃないかな。

DmC Devil May CryのAmazonレビューを見てみると、評価はやや厳しめというか、人気シリーズ最新作としてはややしょっぱい評価と言ったところだな。

やっぱり、国内では一定数の不満があったんだね。

その反面、海外レビューではかなり高い評価を得ている。リマスター版の評価においても「既にかなりの出来だったオリジナルをしっかりと改善してある」と言われているぐらいで、べた褒めと言っても差し支えないレベルだ。

何なんでしょうね、この温度差……。

海外と日本での温度差が、リマスター版のおま国に繋がったと見ていいだろうな。

おま国……お前の国には売ってやらんってやつね。日本では未発売だもんね、リマスター版は。

どうして評価に差が出たのか

うーん。日本人と外国人で好みが違うのはわかるけど、キャラデザ1つでここまで分かれるものかなあ? アクションゲームとしては、決して悪くない出来だったし。

ここに1つ、面白いデータがある。FF15 体験版の評価なのだが、日本人と外国人とで、満足度やどこに不満を持ったかが全然違う結果になったんだ。

581793c6

興味をもった理由について、日本の場合、「FFだから」が大半。グラフィックスを気にする人も多い。言い方は悪いが、中身よりも外面を気にしている人が多い印象を受ける。

だってそうだよな。日本人が気にしておらず、外国人が興味をもった理由として「RPGが好きだから」「オープンワールドだから」「ストーリーが気になる」などが挙げられるが、これらは全て、実際に手にとって遊んでみないと実感できない要素でもある。

日本人の場合、従来の人気で築きあげられてきたブランド思考や、カッコいいキャラがいる・景色が綺麗といった、ゲーム体験というよりはゲームを彩る周りの要素に惹かれているような気がする。このデータを見る限りではな。

モノが良いか悪いかは関係ない。そのブランドの商品だから興味を持つ。ブランド志向ってのはそういうもんだ。

DmCの場合、触ってみないと分からない面白さが多いもんね。実際に遊んでみると、変形・変色するステージや敵がとてもオシャレで悪趣味でスタイリッシュだと、実際に遊んで思ったよ。

主人公が名倉に似ている、顔面は開発中といった、触らなくても上っ面だけで判断できる要素に、日本人ってのはとことん弱い。DmCは、第一印象で従来ファンに媚びることをやめた結果、食わず嫌いが蔓延してしまったのではないかと思う。

ぐわわ……これまたケンカ腰な物言いだなあ。

いや、だってさ。DmCのこと、未だに名倉って言っている人いるんだぜ。発売される前の段階で、キャラデザは修正されている。名倉とは似ても似つかない風貌になって何年も経つのに、だ。所詮、遊ばずに叩く連中のおつむなんてその程度なんだよ。古いネタで名倉名倉と笑い飛ばすのはいい加減恥ずかしいって気づけやオラって、連中の腐った脳みそをデーモンプルで引っぱり出してやろうと思って言いました。

やめろー!!!

まあ、従来ファンを敵に回してしまったのは、賛否あって然るべき。ファンサービスどころか、旧ダンテのカツラをかぶって「ダセェな」と吐き捨てるシーンもあったし、むしろ今までのファンを煽る始末だからな。そっぽを向くファンが出てしまったのは仕方ない。

が、メーカー側はそれも想定済みだったはずだ(わざわざ旧ダンテをバカにするぐらいなのだから)。Ninja Theoryの開発者は、ダンテのイメージチェンジについてこう語っている。

「Devil May Cryの本質はクールさだ。Danteがクールでプレーヤーもクールな気分になれて、戦闘やスタイルのシステムも全てそのためのものだ。でも12年前にクールだったからといって、今もクールだとは限らない。現代に Devil May Cryが同じインパクトを持つためには新しい事をする必要がある。」

「この新しい姿は決して独善的な判断で決めたものではない。そこにはきちんとした理由がありなぜ若きダンテがボク達がよく知るあの姿とここまで違うのか、というストーリーが裏にあります。」

昔カッコよかったからと言って、今もかっこいいとは限らない。江戸時代では春画がエロ本として流行っていたが、平成男児たちにアレを読ませても興奮しないのと同じだ。

いや、その例えは色々とおかしい。今と昔でかっこよさの基準が違うのには同意だけどさ。

確かに、この例えだと、旧ダンテが春画レベルに古臭いと言っているようなものだな。失礼した。

いや、突っ込むところはそこじゃないんだけどなー。

まあいい。先ほどの開発者コメントから何が言いたいかって、つまり、従来ファンから批判にあうことも承知の上で、現代で通用するかっこよさを追求した結果ということだ。

食わず嫌いをしているのなら、手にとって見るといい。万人受けしない、クセの強すぎる世界観に吐き気を催すかもしれないが、一度ハマると病み付きになるスタイリッシュさがそこにはある。

dmc-3-fan-favourite-devil-may-cry-definitive-edition-releasing-on-next-gen-consoles

tumblr_m8r0fnqg9Z1rqc5wzo1_1280

dmclilith

DMC1
▲海外メーカーへ委託したことに否定的な意見も見られるが、ここまで悪趣味で独創的なデザインは、カプコン社内のスタッフだけでは作れなかっただろう。従来のセンスを断ち切って、新たなスタイリッシュ性を生み出したという点では、英断だったのではないだろうか。

まとめ

さて、そろそろまとめに入ろう。リクエストのメールでは、「実際に遊んでみると面白いのに、どうして低評価なのか」といった質問だったので、その答えを述べたいと思います。

FF15体験版のデータから分かるように、日本人はブランド志向が根強く、実際に手に取らなくても分かるような要素で判断するのが大好きな連中が多い。全員とは言わないけどな。そういった、外面だけで批判する連中を敵に回してしまった結果、悪評が広まって「失敗作」と認識してしまう人が増えてしまった。

が、逆に、実際に遊んでみれば、アクションゲームとしても、新たなスタイリッシュ性においても完成度が高いことが分かるだろう。従来のセンスもそれはそれでいいが、DmCの斬新なデザインもまたクールだと。

そういった、分かりやすい外面で媚びなかった代わりに、実際に手にとって判断してくれる人に向けて内面を作りこんだ結果、しっかり遊んで判断する人が多い海外ではリマスターが発売するに至った。顕著な差が出たということだ。

もちろん、実際に遊んだ上でも批判はある。完璧なゲームだとは言わない。遊びもしないで批判することもやめろとは言わない。が、食わず嫌いは所詮食わず嫌いでしかなく、実際に遊んだ人の賞賛・不満に比べると、説得力は地に落ちる。

「かっこ良ければゲーム性はどうでもいい」「声優・絵師があの人だから買う」といった、ゲーム以外の部分だけで判断する人を切り捨てた結果、国内外で成否がキッパリ分かれたのではないだろうか。ゲームとしての面白さを判断しないような人たちを切り捨てた結果、日本国内でリマスター版が出ない結果になったのではないだろうか。

まあ、こんなもんですかね。国内にも、ちゃんと遊んで評価する人・外面以外にも目を向けて判断する人がいるのは分かっているよ。でも、ゲハのやり取りを見ていると、もう何というか……ね。

ずいぶんと思うところがあったようで。こうしてリクエストがあって良かったね。この記事だけで、一体何人の敵を増やしたのやらって感じだけど。

大丈夫。外面だけで判断する人は、記事タイトルしか読まずに拡散するから。本文なんて読まないもの。別に煽るようなタイトルは付けてないし。

結局、考察にとどめてしまった結果、遊んでみないと分からない面白さについてはほとんど伝えられなかった。申し訳ない。もう5000文字に突入しそうな勢いなので、今回は一旦閉じさせて下さい。

で。PS4のリマスター版を遊びたい人はどうすればいいの? 国内では未発売なんでしょ?

あー北米版か……やっぱり言語は妥協するしか……。

いや、PS3と全く同じ形で、言語に日本語が含まれている。本体言語が日本語なら、何も設定せずとも日本語で遊べるぞ。

……欲しい人だけどうぞってことかー。開発の思いが透けて見えるというか。

最後に露骨な宣伝をしちゃったけど、アクション好きなら楽しめる内容だ。毛嫌いせず、ぜひ手にとって遊んでみてほしい。その上で、やっぱツマンネーじゃねえかコノヤローって批判なら、あって然るべきだ。コメントでもメールフォームでもどうぞ。

遊ばずに批判することが悪いとは言わないけど、その声ばかりが強くなって駄作扱いになってしまうのは悲しいよね。

DMC Devil May Cry Definitive Edition(北米版)
Capcom (2015-03-10)
売り上げランキング: 572
DmC Devil May Cry (ディーエムシー デビル メイ クライ)
カプコン (2013-01-17)
売り上げランキング: 1,470

あわせて読みたい

31件のフィードバック

  1. ミョルニル より:

    DmCのレビューありがとうございます。
    低評価だったのはやっぱり世界観のイメージ変更による外面的要素が大きかったんですね…
    内容が面白いだけに残念です。

    とはいえ私も、このイメージ変更のほとんどは新鮮で良いと思ったのですが、バージルのイメージ変更だけはちょっと納得いかなかったですね。

    ゲーム内容のレビューの方も楽しみにしております。

    • 弓猫 弓猫チャンネル より:

      リクエストありがとうございました。
      私としましては非常に気に入っているタイトルなので、こうしてリクエストの声があったことで記事にできたことを嬉しく思います。

      私も、バージルの小物っぷりが少し残念でしたね。
      戦闘モーションは、ダンテ編ラストも含めてとてもスタイリッシュでしたが、言動がどうにも中ボスクラスでした。

  2. 伊421 より:

    ゲームの出来はいいと思います
    けどデビルメイクライという名前である必要があったのか
    まぁ、旧バージルが好きだったから思うのかもしれませんが

    • 弓猫 弓猫チャンネル より:

      いちユーザーとしてはそう思うのも当然だと思います。
      が、これは作り手目線のコメントになってしまいますが、過去の印象を壊し、現代で通用する新たなスタイリッシュ性を追求するという意味では、むしろ「デビルメイクライでなくてはいけない」と思います。
      過去のセンスと比較することで際立ちますからね。

      既存の枠を壊すという意味では、むしろ「こんなのデビルメイクライじゃない」と言わせてこそ成功だったのではと思います。
      あくまで作り手目線の意見ですが。
      シリーズファンの期待を裏切らないアクション性は健在ですから、これも1つのデビルメイクライとして私はありだと思っています。

  3. 名無し より:

    ちゃんと評価していて良いレビューでした。正直いつまでも名倉名倉言ってる連中には自分もちょっとイラついてました。
    まあバージルの小物化(自分はこっちも好きですけど)、ボスが幾ら何でも弱過ぎる(リヴァイアサンより遥かに楽しいし、けれど過去作のボスと違ってやり込める要素が少なくカットインも多いのでテンポが悪い)、キャラデザの大幅な変更(不細工というよりゴツいというか濃いというか)とかが不評に繋がったのは間違いありませんし…w
    でもアクションは楽しい。操作性も遥かに良い。システム面も改善されていて中々ストレスレスでした。キャラもそれぞれブレずにしっかりしていたのも良かった。ストーリーも過去作と違って展開も終結もさせやすく考察もできる。おまくにでも構わないから是非続編出して欲しいゲームです。

  4. 名無し より:

    DmC devil may cryが低評価で終わった←まずこれがおかしい気がする
    ゲームユーザーの評価結構高いよ
    あと海外ではプロの目からも高く評価されてる
    それに叩いてるのは一部の変な人だよ
    ネット民が多く利用するサイトにそういう人達が多いからそれが全てと錯覚してる部分もあるのでは?

  5. No name より:

    これ楽しいか?
    とりあえず1週はしたけど、2週目以降はやる気が起きなかったんだが。
    確かにダンテのアクションは、もっさりしている事を除けば楽しいし、フィールドも見ていて楽しいものが多い。
    けど、それ以上に敵がクソすぎるんだよなぁ、デザインもアクションも。
    デザインは似たり寄ったりなのばっかだし、アクションもやっぱり似たようなことばっかやってくるし、倒すのにまず盾剥がさないといけなかったり、特定の武器じゃないと攻撃出来ないような面倒なのが結構いるし。
    ボスはボスで巨大で大味な奴ばっかだし、しかもほとんどのボスがデーモンプル·エンジェルリフトの使用を強制されるし。
    唯一、バージル戦は楽しかったけど、あれトドメのさし方分かりにくい。
    ボス、ザコ共に魅力なし。
    いくらダンテのアクションが良くても、敵がクソじゃあつまらないし、やりがいもない。
    まだ2の一部の敵の方が楽しいんじゃないかな。

  6. くくく より:

    結論ありきでデータを使ってますね
    FFの内容は日本人にとってこそ周知のものであって、ブランドなのは当たり前です
    中身を知っているからこそブランドとして認識できるわけで
    外人=新規、知らない人の割合が大きければ、ブランドとしての周知度は低くなります

    今は違うのだから名倉と言うな?
    なぜ名倉と呼ばれたのか、それは名倉として不評を買ったから、ベースがそこにあるからです
    内外の不評が伝わらなければあのままだったでしょうね
    わざわざ製作者の顔タイプに似せたデザインなどCOOLでもなにもありません
    ミラーズエッジのブサイク婚約者顔の採用と同じ言い訳レベル

  7. 日本市場は表面と中身双方が揃わないと駄目なんだ より:

    システムがDMCでも新規タイトルなら問題無かった。
    実際、遊んでてかなり面白かったし。

    DMCは「白髪赤マントのダンテがクールにはっちゃける」
    というブランド作品なんだ。

    DMCを産み育てた開発陣とそれを支えた既存ユーザ。
    今作はその信頼関係を壊しちゃったんだよ。

  8. 冒涜社達 より:

    元々DMCは3以前のストーリーとして構成してたけどデザインのおかげでファンの著名運動まで発達したんです。ダンテがなぜ黒髪から白髪になったのかはデビルトリガーの副作用が原因だと海外にある設定にのってたらしいです。

  9. 海野藻屑 より:

    今更ながら、DmCのレビューを初めて真面目に読みました。
    恥ずかしながら私は「前の作品が好きな食わず嫌い」勢のひとりでありました。が、こちらのレビューを見て、DmCの興味が出てきました。
    現在はSteamでも配信されているようなので、一度プレイしてみたいです。

  10. てるてるぼうず より:

    悪魔のデザインが思いつかないからってとりあえずダンテを若くしとけば
    時系列的にも納得してもらえるだろうっていう手抜き感が半端無い
    派手でかっこいい攻撃が出来る厨2性の高いアクションゲームが売りなのに

  11. 地底人 より:

    おまけの赤コートに銀髪で以前のダンテを否定する台詞を言わせたら駄目でしょ
    これは怒りを買って当たり前

  12. みずいろ より:

    前シリーズも大好きですが、DmCもPS3版PS4版両方買ってプレイしました。
    個人的にはすごくいいゲームだったので、遊ばずに批判されるのは悲しいという気持ち、よくわかります。
    「ダセェな」という台詞が作中に出てきましたが、あのシーンは原語だと “not in a million years.” と言ってるので「(俺が白髪なんて)ありえない」くらいの意味ではないかと思います。柔軟な訳も魅力のひとつですけどね(笑)(教会パネェとか)
    技(のモーション、名前)やトロフィーなどに前シリーズへの敬意を感じましたし、決して前シリーズを馬鹿にしているわけではなく、いろいろな作品にみられる「現代版リブート」としての成功作だと思います。

    •   より:

      >「ダセェな」という台詞が作中に出てきましたが、あのシーンは原語だと “not in a million years.” と言ってるので「(俺が白髪なんて)ありえない」くらいの意味ではないかと思います。

      “not in a million years.”は”Absolutely not.”の言い換えで、「絶対に嫌だ」という意味です(『Weblio英和事典』)。
      ゲームカタログwiki等では「百万年早いぜ」という訳が載っていますが、誤訳ですね。あるいはごまかしか。

  13. 通りすがり より:

    キャッスルバニア ロードオブシャドウも日本じゃks扱いだけど海外だと評判が高い
    なんだかんだで日本人と海外じゃ評価の質も違うんだろう

    FALLOUT4も日本じゃ手放しで評価高いけど、海外だと「ロールプレイ要素が薄い」などの理由で3やNV程評価高くなかったりするし

  14. ダンテェ より:

    勘違いしてる人いるけどDmCはあくまでパラレルワールド。
    時系列とか関係なく過去作とは繋がりがないよ。

  15. 冒涜社達 より:

    今はファンのおかげでパラレルになっただけって感じ 本来は3以前のストーリーにしたかったらしいよ

  16. 翻訳は結構間違ってるけど より:

    センスは明らかDMCの方がいいよね。

  17. そーろー より:

    つまらない理由としてはPS低くてもできちゃうところなんだよね。
    なんつーかやり込んでもその程度的なものがね。

  18. はなた より:

    デビルメイクライである必要がない、というのは他の方も言っている通りだと思います。

    開発者目線のお返事がありましたが、それならやはり新規の作品を開発するべきではないでしょうか。シリーズ(の銘柄、予算)を使うからには、過去作を否定するのではなく活かす形でないと、過去の作品に失礼です。

    例えば、CAPCOMという会社に期待されていることをいい意味で裏切りたいのなら、趣の異なる作品を出すことで裾野の広さを示せます。

    特定の作品のタイトルに固執しているにも関わらず、過去作に囚われたくないというのは矛盾しています。厳しい言い方ですが、このDmCこそ、都合のいいところでブランド力を使い回しているのが消費者には透けて見えるのではないでしょうか。

    日本人と外国人の違いについて言っていますが…それはゲームに限らないと思います。お金を払ったあとでないと作品の真価がわからない、というのを良しとするかどうかではないでしょうか。日本人は良いものにはお金を払う価値があると思っているかもしれませんが、外国人はよくも悪くも経験することにお金を払う価値があると思っている人が多そうに感じます。

  19. DMC5を待ち望む より:

    フリープレイにきたからとりあえずプレイしてみてるDMCファンだけど
    最初は面白いって思った。でもプレイしていくにつれて旧作以上に面倒な敵が増えてきて、更にボス戦がデーモンプルエンジェルリフト強制の実質QTE状態多発でつまらない。
    更にステージの道が分かりづらく、どこに向かえばいいかわからないことも屡々。
    名倉に関しては他の人も言ってる通り、そう呼ばれるようになった過程が問題なのであって今現在名倉に似てるかどうかは関係無い。
    あと会話や画面のセンスが致命的に下品。

  20. フク より:

    良い記事でした。管理人さんの熱意が伝わってきました。

    私は、あの「ダセェな」こそが、
    今作のダンテのキャラクターを示していると受け取りました。
    過去の批判というよりむしろ、まったく逆のリスペクトとして、
    過去のセンスをバッサリ否定する「やんちゃ」さを、上手く表現した部分だと。
    あの表現はまさに「デビル」らしい、リスペクトの仕方だと思います。
    ですから実の所、あのシーンが叩かれているのを見たとき、信じられない思いでした。

    今でもDmC:DEを楽しんでいます。

  21. あごなす より:

    銀髪かぶって”Not in a million years”は、
    ”自分には似合ってない(=従来のダンテとは違う)”とも読めました。

    アクション面でいえば、ふっ飛ばしと鎖で
    敵配置をコントロール出来るのが良かったです。
    旧作でみられた、コンボのために一々敵を孤立させたり、
    ふっ飛ばした敵をこっちから追っかけて追撃したりが、
    個人的には間抜けな絵面だったので。

    DmCで特徴付けされたバージルのタメ操作が、
    DMC4スペシャル版に輸入されてたり、光る所はあったのかと思います。

    • フク より:

      本編があくまでオリジナル(神谷デビル)を発展させた延長上であったのに対して、
      ひとつのアクションゲームとして再考された結果が、よく表れていましたね。
      主人公の容姿が云々、ということについては、全く人それぞれのセンスによりますから、
      当然容姿や性格に強い拘りを持つ人はいると思いますし、否定する気は全くありませんが、
      やっぱり他を類を見ない思い切った、尚且つ完成度の高いリブート・リデザインには、
      それなりの評価がされて欲しいと願ってしまいます。

      過去作のダンテの特徴的な攻撃、すなわち
      ドライブ、オーバードライブ:リベリオン
      ラウンドトリップ:アキュラ
      プロップ、シュレッダー:オシリス
      ビーストアッパー:エリクス
      というように、正直な所全体として微妙なバランスだった各技を、
      5武器にいい具合に再配置しているところなどは、素晴らしいと思います。
      勿論バージルについても然り。

  22. 名無しオレ的ゲーム速報さん より:

    フリープレイでやりましたが

    さすが低評価ゲームであると感じました。
    まずワイヤーアクションとかほとんど無意味、爽快感など皆無でめんどくさいだけ
    ゴリ押しで適当にやってもいけるし

    時代遅れのアクションゲーム
    海外ってアクションの肝が分かってない。

    • 名無し より:

      無意味なワイヤーアクションとか4にもあったんですがそれは
      あっちは面倒なだけじゃなく強制戦闘やらされるとこもあってストレスマッハだったな
      で、リマスターの4SEでもそのまま 流石日本のゲームは最先端行ってんな

  23. 名無し より:

    実際アクションゲームとしては別に問題作では無くむしろそこらのアクションゲームより余程出来が良いと思う
    では何が問題かと言うと「これ、DMCじゃないよね」につきる
    デザインやゲーム内容なんかが少なくともこれまでのシリーズとして在ったDMCではない。そもそも問題になっている「デザインがー」やら「バージルの性格がー」と言うのは全て「これがDMCシリーズだから」起こった問題だと言える
    もういっそ「DMC」と言うタイトルを冠さなければ良かったのでは?

  24. gh より:

    このゲームを遊んだことないけどさ、
    俺の好きな〇〇は、日本人には理解されないけど海外には理解されてるんだ~ってよくある主張じゃん。自分のお気に入りを「日本ではマイナーだけど海外でわー」って紹介するのは聞きあきるほどの常套句だし。

    ちなみにこのゲーム、メタスコアでもUSのアマゾンでもそんなに評価高くないんだよね。

    その点で管理人は典型的な量産型日本人なのに、その逆みたいに思っててなんか不快。

    あと、この点を強調しておきたいんだけど、この広い世界を日本と海外っていう単純に二つの要素でしか見てないのは間違っているし、それこそ典型的な日本人的世界観だと思う。
    その日本の中で自分だけは特別でっていうのを含めてね。

    世界は海外と日本、 その中で周りと違う特別な俺。こういう考え方ね。

    そういうことができるのは10か国語を話せるとか、世界中を転々としているような一部の人だけだよ。
    単に趣味性が外国の一部と共有できるってだけで、尊大にふるまうのは今の日本にとても多くなっていると思う。

  25. gh より:

    追記、ここの二人芝居ってさ、男の方が管理人の本音でしょ。
    正直聞いてらんないほど馬鹿らしい。
    こういう言い方は乱暴に聞こえるだろうけど、何かを主張するときは自分の力の及ぶ範囲というか、身についた知識を超えてまで言ってしまうと信憑性が急に薄くなるから。

    正直DMCが面白いとかそうじゃないとか、個人的にはどうでもいいんだ。
    確かに日本のネット世論では、大半のゲームがたたかれて過小評価や風評被害にあってると思う。

    要はそこまでにしとけばいいんだ。

    世間知らずの青臭い青年が、ありきたりな俗論(←ここ重要)で倫理武装して
    何でも知ってる神様目線を装うから、言葉にしづらい不快感があるんだよ。

    世界に何の関心も持たないくせに、俺はそこらの日本人とは違うんだって根拠なく思ってるのが今のありきたりな馬鹿日本人だって、いい加減気づいてくれ。

    • 弓猫 弓猫 より:

      何かを主張するときは自分の力の及ぶ範囲というか、身についた知識を超えてまで言ってしまうと信憑性が急に薄くなる、というのは確かにおっしゃるとおりです。だから、まずゲームで遊ばれてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)